コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華北 カホク

デジタル大辞泉の解説

か‐ほく〔クワ‐〕【華北】

中国中北部、黄河の中・下流域の地方。河北山西山東河南の四省に渡る地域。古来、中原(ちゅうげん)の地とよばれ、政治・文化の中心。ホアペイ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

華北【かほく】

中国本土の万里の長城以南,淮河(わいが)・秦嶺(しんれい)以北の地域で,黄河とその支流流域を中心とする。北京・天津両市と河北,河南,山東,山西の4省を指すことが多い。
→関連項目函谷関魏晋南北朝時代中華人民共和国二里頭遺跡六朝文化良渚文化

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かほく【華北 Húa běi】

中国の大地域名。万里の長城以南,大別山脈以北の広義の黄河中・下流域のうち北京,天津両市と河北,山西,山東,河南4省に属する地域を指すことが多く,日本では今もこの範囲を華北と呼ぶ。しかし中国では1949年から54年までは河北,山西,綏遠(すいえん),チャハル(察哈爾),平原などの省と北京,天津両市を管轄する大行政区名に用いられ,また今は北京・天津両市と内モンゴル自治区,河北・山西両省にわたる経済協作区名である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かほく【華北】

中国の北部、北は万里の長城に、南は秦嶺山脈と淮河に限られる、黄河中・下流域地方。河南・河北・山東・山西・陝西の五省と政府直轄地の北京・天津から成る。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

華北
かほく / ホワペイ

中国北部の地区名。従来は北京(ペキン)、天津(てんしん/ティエンチン)両市と河北(かほく/ホーペイ)、山西(さんせい/シャンシー)、山東(さんとう/シャントン)、河南(かなん/ホーナン)の4省にわたる地域を華北とよんだが、新中国成立後の六大地域区分では河南省は中南区に、山東省は華東区に含まれ、残余の地域に内モンゴル自治区を加えたものを華北区とよぶ。
 従来の華北は黄河(こうが/ホワンホー)中流部以東の黄土(こうど/ホワントゥー)高原と、黄河などの河川の運ぶ黄土が二次的に堆積(たいせき)(次成黄土)、陸化した華北平原(黄淮海(こうわいかい/ホワンホワイハイ)平原)を主体とし、東に山東丘陵が横たわる。平野部は小麦、ワタ、コウリャン、大豆、タバコ、ゴマ、ラッカセイなど、黄土高原上は雑穀とワタを産する。また埋蔵量では中国第1位の山西省をはじめ各省とも石炭が豊富である。さらに大港、華北、勝利、中原(ちゅうげん)、南陽など平野部では石油資源も豊富で、渤海(ぼっかい/ポーハイ)でも石油の開発が進んでいる。鉄の埋蔵も各地にみられ、製鉄、石油化学工業のほか各種機械の生産も盛んである。内モンゴル自治区はモンゴル高原上にあり、大興安嶺(だいこうあんれい/ターシンアンリン)を含む。もとはモンゴル族の遊牧地であったが、現在は五原地方や南東部は農業地域化し、また霍林河(かくりんが/フオリンホー)、伊敏河(いびんが)、ジュンガル、東勝などの大炭鉱やエレンの石油、バインオボの鉄など地下資源に富む。塩湖の塩、ソーダを利用する化学工業のほか重化学工業、毛紡織工業、肉・乳加工業などが発達。古都北京、洛陽(らくよう/ルオヤン)、開封(かいほう/カイフォン)をはじめ邯鄲(かんたん/ハンタン)など歴史的都市が多く、安陽の殷墟(いんきょ)、鄭州(ていしゅう)の商代遺跡、満城漢墓、山東の画像石、大同の雲崗石窟(うんこうせっくつ)、周口店(しゅうこうてん)の北京原人洞窟など遺跡にも富む。[河野通博]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

華北の関連キーワードレンチウ(任丘)油田ターカン(大港)油田ミーユン(密雲)ダムホワペイピンユワン日満支経済ブロック北支那開発[株]日本人民解放連盟梅津・何応欽協定華北5省自治運動梅津=何応欽協定冀察政務委員会ホワペイ平原華北分離工作南北朝時代土肥原賢二梅津美治郎五胡十六国三光作戦人民日報秦嶺山脈

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

華北の関連情報