コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李平書 りへいしょLǐ Píng shū

世界大百科事典 第2版の解説

りへいしょ【李平書 Lǐ Píng shū】

1854‐1927
中国の財界人。江蘇省宝山県の人。原名は鍾珏(しようかく),晩号は且頑。字で知られる。はじめ官界に投じたが,1899年(光緒25)のフランスによる広州湾占領に際して知県をやめ,1903年に江南製造局の管理職についた。以後,通商銀行,招商局,江蘇鉄路局などの要職につくとともに,商団を組織,全国商団連合会会長にもなった。辛亥革命で上海軍政府の民政長となったことに端的にしめされるように,清末・民国初年における官界出身の典型的な名望ある商紳=財界人であった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

李平書の関連キーワード島津保次郎清水宏マキノ雅広衣笠貞之助伊藤大輔内田吐夢田坂具隆五所平之助斎藤寅次郎ハイネ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android