財界人(読み)ざいかいじん

精選版 日本国語大辞典「財界人」の解説

ざいかい‐じん【財界人】

〙 国や地域社会経済を動かし得るような力をもった実業家や金融業者。
北東の風(1937)〈久板栄二郎〉二「大阪ぢゅうの主だった財界人がずらりと顔を揃へるやろけど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の財界人の言及

【財界】より

…政治や社会に対して影響力をもつ,大資本を中心とした実業家の社会のことをいう。そのような力をもつ実業家を財界人という。財界の意志を代表するのが財界4団体(経済4団体ともいう)で,経済団体連合会(経団連),日本商工会議所日本経営者団体連盟(日経連),経済同友会(同友会)をいい,団体の長4人が財界をリードする首脳ということになる。…

※「財界人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android