名望(読み)めいぼう

精選版 日本国語大辞典「名望」の解説

めい‐ぼう ‥バウ【名望】

〘名〙 名声と人望。また、名声が高く人望のあること。
※源平盛衰記(14C前)一一「今生の名望(メイバウ)を抛て、来世の菩提を求ん」
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「其地の豪商中より、名望智識を以て、衆に公推され任をうけ」 〔魏志‐崔琰伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「名望」の解説

【名望】めいぼう(ばう)

名誉と人望。張籍〔白二十二舎人に寄す〕 三省、比來(このごろ)名重し 肯(あへ)て容(ゆる)す、君去つて樵漁(せうぎよ)を樂しむことを

字通「名」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android