コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李施愛 りしあい(R)I Si‐ae

世界大百科事典 第2版の解説

りしあい【李施愛 (R)I Si‐ae】

?‐1467
朝鮮,李朝初期の農民闘争の指導者。咸鏡道吉州の大豪族で会寧府使などを歴任したが,1467年,地方豪族の排除,中央支配の強化,田税・軍役などの負担増に反対し,咸鏡道の土豪・農民を組織して4ヵ月に及ぶ反乱を起こした。中央派遣の役人を殺害し,咸鏡道出身者の地方官任命などを要求したが鎮圧される。このあと政府は,高麗末期から地方勢力の拠点となっていた全国の留郷所(のちに郷庁に改組)を一時廃止した。【矢沢 康祐】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

李施愛の関連キーワード世祖[朝鮮王朝]世祖

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android