コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

李施愛 りしあい (R)I Si‐ae

1件 の用語解説(李施愛の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

りしあい【李施愛 (R)I Si‐ae】

?‐1467
朝鮮,李朝初期の農民闘争の指導者。咸鏡道吉州の大豪族で会寧府使などを歴任したが,1467年,地方豪族の排除,中央支配の強化,田税・軍役などの負担増に反対し,咸鏡道の土豪・農民を組織して4ヵ月に及ぶ反乱を起こした。中央派遣の役人を殺害し,咸鏡道出身者の地方官任命などを要求したが鎮圧される。このあと政府は,高麗末期から地方勢力の拠点となっていた全国の留郷所(のちに郷庁に改組)を一時廃止した。【矢沢 康祐】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

李施愛の関連キーワード井戸茶碗国訴地域闘争李朝実録老農倭館メンチュインドの毛派関矢留作寺沢元三郎

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone