コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

咸鏡道 かんきょうどう Hamgyŏng‐do

1件 の用語解説(咸鏡道の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんきょうどう【咸鏡道 Hamgyŏng‐do】

朝鮮半島の北東部の地方。朝鮮八道の一つで,関北地方とも呼ばれる。現在は朝鮮民主主義人民共和国に属し,後述のように2直轄市,3道に分かれている。
[自然]
 本道の中央を北東から南西方向へ標高2000m以上の咸鏡山脈が走り,本道のほぼ全域を山地が覆っている。咸鏡山脈の南東斜面はところどころに数百mの断層崖を発達させた山地が日本海沿岸まで迫り,広い平地がほとんどみられない。海岸線は比較的単調だが,羅津,清津など天然の良港がかなりみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

咸鏡道の関連キーワード箕子朝鮮朝鮮牛朝鮮半島朝鮮民主主義人民共和国東アジア沃沮朝鮮鼬朝鮮烏朝鮮酒松岳

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

咸鏡道の関連情報