咸鏡道(読み)かんきょうどう(英語表記)Hamgyŏng‐do

世界大百科事典 第2版の解説

かんきょうどう【咸鏡道 Hamgyŏng‐do】

朝鮮半島の北東部の地方。朝鮮八道の一つで,関北地方とも呼ばれる。現在は朝鮮民主主義人民共和国に属し,後述のように2直轄市,3道に分かれている。
[自然]
 本道の中央を北東から南西方向へ標高2000m以上の咸鏡山脈が走り,本道のほぼ全域山地が覆っている。咸鏡山脈の南東斜はところどころに数百mの断層崖を発達させた山地が日本海沿岸まで迫り,広い平地がほとんどみられない。海岸線は比較的単調だが,羅津,清津など天然の良港がかなりみられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android