コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杏茸 アンズタケ

デジタル大辞泉の解説

あんず‐たけ【××茸】

アンズタケ科のキノコ。夏から秋に、針葉樹林に群生。鮮やかな橙黄(とうおう)色。傘は直径3~8センチで、アンズに似た香りがあり、食用

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

あんずたけ【杏茸】

担子菌類ヒダナシタケ目のきのこ。秋、林地に生える。淡黄色の傘はらっぱ状で、裏面にひだがある。匂いがアンズに似る。世界的に産し、美味で食用とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

杏茸の関連キーワード裏面ひだ林地

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android