コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上如竹 むらかみ じょちく

2件 の用語解説(村上如竹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上如竹 むらかみ-じょちく

?-? 江戸時代中期-後期の装剣金工。
江戸の人。鐔(つば),縁頭(ふちがしら)などをつくる。高彫り,平象眼を得意とし,虫魚文の意匠がおおい。村上派の祖。天明-寛政(1781-1801)のころ没。名は仲矩(なかのり),光則。通称は清次郎。別号に武陽散人,歓笙堂。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

村上如竹

生年:生没年不詳
江戸後期の装剣金工家。江戸芝新門前町に住し,天明(1781~89)から寛政(1789~1801)ごろに没したと推定されている。名を清次郎,仲矩といい,武陽山,歓笙堂の別号がある。はじめ父の業であった 鐙師を継いだが,のちに装剣金工に転じたといわれる。作品には,「蜻蛉図小柄」「二福神図鐔」(いずれも個人蔵)や「鶴丸文鐔」(東京国立博物館蔵)などのように虫や魚の意匠を大きく図案化したものが多い。また一部に貝,珊瑚などを嵌入して意匠に変化をつけたものもみられる。村上派の祖で,高彫りのほか片切彫り,平象嵌にも長じた堅実な作風で知られる。その子如節のほか如蘭,如篤,如柳など如某と名乗る門人を輩出。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone