コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

村上如竹 むらかみ じょちく

2件 の用語解説(村上如竹の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

村上如竹 むらかみ-じょちく

?-? 江戸時代中期-後期の装剣金工。
江戸の人。鐔(つば),縁頭(ふちがしら)などをつくる。高彫り,平象眼を得意とし,虫魚文の意匠がおおい。村上派の祖。天明-寛政(1781-1801)のころ没。名は仲矩(なかのり),光則。通称は清次郎。別号に武陽散人,歓笙堂。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

村上如竹

生年:生没年不詳
江戸後期の装剣金工家。江戸芝新門前町に住し,天明(1781~89)から寛政(1789~1801)ごろに没したと推定されている。名を清次郎,仲矩といい,武陽山,歓笙堂の別号がある。はじめ父の業であった 鐙師を継いだが,のちに装剣金工に転じたといわれる。作品には,「蜻蛉図小柄」「二福神図鐔」(いずれも個人蔵)や「鶴丸文鐔」(東京国立博物館蔵)などのように虫や魚の意匠を大きく図案化したものが多い。また一部に貝,珊瑚などを嵌入して意匠に変化をつけたものもみられる。村上派の祖で,高彫りのほか片切彫り,平象嵌にも長じた堅実な作風で知られる。その子如節のほか如蘭,如篤,如柳など如某と名乗る門人を輩出。

(加島勝)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

村上如竹の関連キーワード岡田芝斎奈良派赤尾吉次(初代)内田安長佐野直好関直吉玉川正寿利国利貞豊田政親

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone