村田 正太(読み)ムラタ マサタカ

20世紀日本人名事典の解説

村田 正太
ムラタ マサタカ

大正・昭和期の医学者 外島保養院院長。



生年
明治17(1884)年10月5日

没年
昭和49(1974)年12月20日

出生地
高知県

学歴〔年〕
東京帝大医科大学〔大正6年〕

経歴
大正7年伝染病研究所に入り、梅毒の血清学的研究を続け、村田氏沈降反応を考案、日本の代表的梅毒血清反応として普及した。昭和2〜8年外島保養院院長としてハンセン病患者診療に従事。エスペラント普及の推進者で、ドイツ語にも堪能で著書に「医科ドイツ語独習書」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android