コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杖立て伝説 ツエタテデンセツ

デジタル大辞泉の解説

つえたて‐でんせつ〔つゑたて‐〕【×杖立て伝説】

高僧・英雄などが旅先で土にさしたがやがて根づいて大木になったなどの由来奇跡を物語る伝説

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

つえたてでんせつ【杖立て伝説】

高僧や武将などが、持っていた杖を大地にさしたところ、根がつき芽が出て大木になったという一群の伝説。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

杖立て伝説の関連キーワード高僧一群武将大地

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android