コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

条痕文(読み)じょうこんもん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

条痕文
じょうこんもん

土器文様の一種。二枚貝の背や櫛歯のような施文具あるいは植物の茎の束などで土器面をこすって施される。特に貝殻を用いたものを貝殻条痕文という。縄文時代早期には,貝殻条痕文を主とした装飾性の低い土器様式が出現するが,その後も各地の粗製土器に採用されている。また弥生土器の一部にもみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android