コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杣角 ソマカク

デジタル大辞泉の解説

そま‐かく【×杣角】

山から切り出した材木を、斧(おの)で荒削りしただけの角材。日本農林規格では、幅によって大中小に分ける。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そまかく【杣角】

主に広葉樹大径材で、玉切り後に現地で斧おのや手斧ちようななどを用いて四方を削はつった角材。野角。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の杣角の言及

【木材】より

…なお材木とはある程度の大きさと形状を保ち,商取引の対象とされる木材をいう。JAS(日本農林規格)では素材を幹から枝を落としたままの形の丸太と,四面を粗く落とし,丸身のついた角材の形にした杣角(そまかく)とに区分している。素材を製材したものが製材(製材品)で,JASでは板類,ひき割類,ひき角類に区分される。…

※「杣角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone