杣角(読み)そまかく

精選版 日本国語大辞典「杣角」の解説

そま‐かく【杣角】

〘名〙 本来は山から切り出した材木を、(おの)であらけずりしただけの角材日本農林規格では、幅の大小によって、小杣角(幅一四センチメートル未満)、中杣角(幅一四センチメートル以上、三〇センチメートル未満)、大杣角(幅三〇センチメートル以上)と定めている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「杣角」の解説

そま‐かく【×杣角】

山から切り出した材木を、おので荒削りしただけの角材。日本農林規格では、幅によって大中小に分ける。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の杣角の言及

【木材】より

…なお材木とはある程度の大きさと形状を保ち,商取引の対象とされる木材をいう。JAS(日本農林規格)では素材を幹から枝を落としたままの形の丸太と,四面を粗く落とし,丸身のついた角材の形にした杣角(そまかく)とに区分している。素材を製材したものが製材(製材品)で,JASでは板類,ひき割類,ひき角類に区分される。…

※「杣角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android