コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

杣角(読み)ソマカク

大辞林 第三版の解説

そまかく【杣角】

主に広葉樹大径材で、玉切り後に現地で斧おのや手斧ちようななどを用いて四方を削はつった角材。野角。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の杣角の言及

【木材】より

…なお材木とはある程度の大きさと形状を保ち,商取引の対象とされる木材をいう。JAS(日本農林規格)では素材を幹から枝を落としたままの形の丸太と,四面を粗く落とし,丸身のついた角材の形にした杣角(そまかく)とに区分している。素材を製材したものが製材(製材品)で,JASでは板類,ひき割類,ひき角類に区分される。…

※「杣角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android