コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東中筋通り(読み)ヒガシナカスジドオリ

デジタル大辞泉の解説

ひがしなかすじ‐どおり〔ひがしなかすぢどほり〕【東中筋通り】

京都市街地を南北に走る道路の呼び名。西洞院通り油小路通りに挟まれた小路。全長約1.5キロ。豊臣秀吉によって新設されたといわれる。五条天神社(別名、天使社)の境内を貫通してつくられたことから、天使突抜(てんしつきぬけ)通りともよばれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android