東山(とうざん)和紙

デジタル大辞泉プラスの解説

東山(とうざん)和紙

岩手県一関市東山町で生産される和紙。原料はコウゾ。製造の歴史は古く、平安時代末期にまで遡るとされる。素朴な風合で丈夫。書画用紙、ハガキなどに加工される。「東山紙」とも。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android