コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東川[町] ひがしかわ

百科事典マイペディアの解説

東川[町]【ひがしかわ】

北海道中央部,上川郡の町。旭川市の南東隣にあり,東部は大雪山国立公園に属し,北海道最高峰の旭岳(2290m)など大雪山連峰がそびえ,天人(てんにん)峡温泉,旭岳温泉,羽衣ノ滝がある。
→関連項目忠別ダム

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひがしかわ【東川[町]】

北海道中央部,上川支庁上川郡の町。人口7211(1995)。町域西部は上川盆地南東部の水田地帯,東部は大雪山の西斜面を占め,南境を石狩川支流の忠別川が流れる。忠別川沿いの中忠別に市街地が発達し,北西に接する旭川市からバスが通じる。1895年から忠別原野への入植が始まり,1903年には土功組合が設立され,以後原野の水田化がすすんだ。現在も稲作を主とする農業の町で,水田が広く,野菜,小麦,アズキの生産,養豚,養鶏も行われる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android