コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大雪山国立公園 だいせつざんこくりつこうえん

6件 の用語解説(大雪山国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大雪山国立公園
だいせつざんこくりつこうえん

北海道中央部,日本最大の規模をもつ自然公園。面積 2267.64km2。1934年指定。上川総合振興局,十勝総合振興局の所管区域にまたがる。古生層を基盤とする日高山脈千島火山帯が合する地で,旭岳(2290m)を主峰とする大雪山火山群,トムラウシ火山群,十勝岳火山群が連なり,「北海道の屋根」と呼ばれる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だいせつざん‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【大雪山国立公園】

北海道中央部にある日本最大の山岳自然公園。大雪山のほか、トムラウシ山十勝岳連峰、然別湖(しかりべつこ)層雲峡天人峡などが含まれる。→国立公園

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

大雪山国立公園【だいせつざんこくりつこうえん】

北海道中央部,石狩山地の主要部を占める日本最大の国立公園。面積2308.94km2。1934年指定。大雪火山群(大雪山),十勝火山群石狩岳山群の火口,湿原,雪渓と高山植物針葉樹の原始林におおわれた山体,峡谷と温泉の層雲峡然別(しかりべつ)湖糠平湖などの景観が特色で,ナキウサギエゾリス高山チョウも生息。
→関連項目旭岳石狩山地石狩岳上川[町]上士幌[町]上富良野[町]鹿追[町]新得[町]十勝岳トムラウシ山美瑛[町]東川[町]留辺蘂[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

だいせつざんこくりつこうえん【大雪山国立公園】

北海道中央部にある国立公園。大雪山・十勝岳・石狩岳などの山岳を主体とした公園で、層雲峡・天人峡などの峡谷があり、また、高山植物・原生林・野生動物に恵まれる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔北海道〕大雪山国立公園(だいせつざんこくりつこうえん)


北海道中央部、石狩(いしかり)山地の大部分を占める日本最大の山岳国立公園。面積22万6764ha。1934年(昭和9)指定。大雪(たいせつ)山・十勝(とかち)岳を中心に雄大な山岳美を展開し、層雲(そううん)峡・天人(てんにん)峡や然別(しかりべつ)湖などが点在。ヒグマ・エゾリスやナキウサギが生息し、高山植物も豊富。層雲峡・勇駒別(ゆこまんべつ)・愛山(あいざん)渓などの温泉は探勝・登山・スキーの基地。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大雪山国立公園
たいせつざんこくりつこうえん

北海道の中央部を占める国立公園。1934年(昭和9)の指定。日本最大の山岳自然公園で、面積2267.64平方キロメートルはほぼ神奈川県の面積に相当する。北海道の屋根とよばれる大雪山火山群と、その南西方に位置する十勝(とかち)岳火山群を中心とし、火山湖の然別(しかりべつ)湖や湿原、沼沢群、人工湖を含み、火山景観、原始林、渓谷美などを備えている。高山植物も豊富で群落の規模では他を圧倒している。大雪山には旭(あさひ)岳、比布(ぴっぷ)岳、北鎮(ほくちん)岳、凌雲(りょううん)岳、黒岳、烏帽子(えぼし)岳、赤岳、白雲(はくうん)岳などの火山が連なり、十勝岳、美瑛(びえい)岳、富良野(ふらの)岳などからなる十勝岳火山群との間に、忠別(ちゅうべつ)岳、化雲(かうん)岳、トムラウシ山などが連なっている。東部には石狩(いしかり)岳を中心とする石狩山地の急峻(きゅうしゅん)な山峰群がそびえ、北部には火山基底の溶結凝灰岩を石狩川上流部が侵食してつくった層雲峡がある。層雲峡の中央部には道内最大の温泉地の一つである層雲峡温泉があり、大雪山山腹部には愛山渓(あいざんけい)、旭岳(勇駒別(ゆこまんべつ))、天人峡(てんにんきょう)、大雪高原などの温泉、十勝岳中腹には白金(しろがね)温泉、十勝岳温泉、南東斜面の裏大雪には糠平(ぬかびら)温泉、然別湖畔温泉などがあり、観光、保養、登山の基地となっている。層雲峡温泉と黒岳中腹、旭岳温泉と旭岳西麓(せいろく)の姿見(すがたみ)の池とをそれぞれ結ぶロープウェーがある。[岡本次郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大雪山国立公園の関連キーワード石狩山地上川石北峠石狩石狩港石狩国北海道石狩郡北海道石狩〈振興局〉北海道石狩郡当別町対雁北海道石狩郡当別町対雁通

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大雪山国立公園の関連情報