東武実録(読み)とうぶじつろく

世界大百科事典 第2版の解説

とうぶじつろく【東武実録】

江戸幕府官撰による2代将軍徳川秀忠の事跡録。40巻。幕臣の松平忠冬が1683年(天和3)幕府の命を受け,翌84年(貞享1)に完成した。同じ時期に成立した徳川家康の事跡録《武徳大成記》の後を受け,家康没年の1616年(元和2)正月から秀忠没年の32年(寛永9)12月までを編年体で記す。記述は簡略であるが,幕府法令等は原文を収載している。影印版は《内閣文庫所蔵史籍叢刊》所収。【宮崎 勝美】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android