コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東武実録 とうぶじつろく

世界大百科事典 第2版の解説

とうぶじつろく【東武実録】

江戸幕府官撰による2代将軍徳川秀忠の事跡録。40巻。幕臣の松平忠冬が1683年(天和3)幕府の命を受け,翌84年(貞享1)に完成した。同じ時期に成立した徳川家康の事跡録《武徳大成記》の後を受け,家康没年の1616年(元和2)正月から秀忠没年の32年(寛永9)12月までを編年体で記す。記述は簡略であるが,幕府法令等は原文を収載している。影印版は《内閣文庫所蔵史籍叢刊》所収。【宮崎 勝美】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

東武実録の関連キーワード小性組

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android