コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武徳大成記 ぶとくたいせいき

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武徳大成記
ぶとくたいせいき

歴史書。 30巻。林信篤木下順庵らの編纂貞享3 (1686) 年完成。松平氏の発生から徳川家康の一生の事跡武功を記したもの。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぶとくたいせいき【武徳大成記】

徳川家康の祖松平親氏からはじまり家康の天下統一までに至る歴史書。30巻。将軍綱吉の命で老中阿部正武の監修で林信篤,木下順庵らが編集。1686年(貞享3)に成稿。諸家の家伝など史料を集め客観的に編集されたとされるが,引用文献の注記はない。将軍吉宗より虚飾が多いと非難されたが,徳川氏創業を知る重要な史料。《松栄記事》の異称のある写本もある。活字本はない。【煎本 増夫】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

武徳大成記の関連キーワード貞享書上東武実録譜牒余録木村高敦人見竹洞林鳳岡

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android