武徳大成記(読み)ぶとくたいせいき

世界大百科事典 第2版の解説

ぶとくたいせいき【武徳大成記】

徳川家康の祖松平親氏からはじまり家康の天下統一までに至る歴史書。30巻。将軍綱吉の命で老中阿部正武の監修で林信篤,木下順庵らが編集。1686年(貞享3)に成稿。諸家の家伝など史料を集め客観的に編集されたとされるが,引用文献の注記はない。将軍吉宗より虚飾が多いと非難されたが,徳川氏創業を知る重要な史料。《松栄記事》の異称のある写本もある。活字本はない。【煎本 増夫】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android