コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

武徳大成記 ぶとくたいせいき

2件 の用語解説(武徳大成記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

武徳大成記
ぶとくたいせいき

歴史書。 30巻。林信篤,木下順庵らの編纂。貞享3 (1686) 年完成。松平氏の発生から徳川家康の一生の事跡,武功を記したもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ぶとくたいせいき【武徳大成記】

徳川家康の祖松平親氏からはじまり家康の天下統一までに至る歴史書。30巻。将軍綱吉の命で老中阿部正武の監修で林信篤,木下順庵らが編集。1686年(貞享3)に成稿。諸家の家伝など史料を集め客観的に編集されたとされるが,引用文献の注記はない。将軍吉宗より虚飾が多いと非難されたが,徳川氏創業を知る重要な史料。《松栄記事》の異称のある写本もある。活字本はない。【煎本 増夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

武徳大成記の関連キーワード影武者徳川家康阿部正興(1)お亀の方お万の方(2)華陽院随念院杉浦吉貞松平親氏松平康直(1)お万の方

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

武徳大成記の関連情報