コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠冬 まつだいら ただふゆ

2件 の用語解説(松平忠冬の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠冬 まつだいら-ただふゆ

1624-1702 江戸時代前期の武士。
寛永元年生まれ。松平家忠の孫。松平忠隆(ただたか)の次男。深溝(ふこうず)松平氏。幕臣。書院番,町奉行,勘定奉行をへて,側衆となる。「家忠日記増補追加」および徳川秀忠の事績録「東武実録」を編修した。元禄(げんろく)15年5月1日死去。79歳。通称は隼人正。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松平忠冬

没年:元禄15.5.1(1702.5.27)
生年:寛永1(1624)
江戸前期の幕臣。書院番士,同組頭,新番組,町奉行,勘定奉行,側衆などを歴任し,元禄10(1697)年勤めを辞す。この間,一方で徳川氏創業以来の歴史の考究にも努め,寛文5(1665)年には,祖父家忠の日記に基づき,松平清康から徳川家康までの徳川氏創業記としての『家忠日記増補追加』を編纂した。さらに,天和3(1683)年末に5代将軍徳川綱吉から,2代将軍秀忠の事跡録の編纂を命ぜられ,翌貞享1(1684)年末には『東武実録』40巻を完成させ献上している。蔵書家として有名な肥前国島原藩主松平忠総の従兄弟にあたる。

(小宮木代良)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の松平忠冬の言及

【東武実録】より

…40巻。幕臣の松平忠冬が1683年(天和3)幕府の命を受け,翌84年(貞享1)に完成した。同じ時期に成立した徳川家康の事跡録《武徳大成記》の後を受け,家康没年の1616年(元和2)正月から秀忠没年の32年(寛永9)12月までを編年体で記す。…

※「松平忠冬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松平忠冬の関連キーワード書院番五番方稲垣重氏大久保忠高喜多見重政駒井親昌駒井昌保佐野直行佐野盛綱設楽貞政

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone