東燕志(読み)ひがし えんし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

東燕志 ひがし-えんし

あずま-えんし

東燕志 あずま-えんし

?-? 江戸時代中期の俳人。
江戸の人で,二松庵万英門下。安永4年(1775)俳諧(はいかい)の作法書「誹語園(はいごえん)」を刊行。ほかに句集「題林発句集」「福寿草」などがある。別号匍匐(ほふく)庵,東柳窓。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android