コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

東舞 あずままい

世界大百科事典内の東舞の言及

【東遊】より

…そこで歌われる歌を東遊歌という。もと東国の地方芸能であったらしいが,奈良時代から平安時代にかけて〈東舞〉などと称して近畿でも行われるようになり,9世紀ごろ様式をほぼ完成させた。楽器は句頭(くとう)(歌の主唱者)の打つ笏拍子(しやくびようし)のほか,篳篥(ひちりき),高麗(こま)笛(元来は東遊笛),和琴(わごん)(各1名)が用いられる。…

※「東舞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

東舞の関連キーワード明石藩舞子台場跡京都府舞鶴市舞鶴[市]孫文記念館橋の科学館舞鶴(市)まいづる西舞鶴舞鶴湾小浜線中舞鶴東遊び東舞鶴舞鶴線舞鶴市倭舞東遊舞鶴

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

東舞の関連情報