松原仁(読み)まつばら じん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松原仁 まつばら-じん

1956- 昭和後期-平成時代の政治家。
昭和31年7月31日生まれ。昭和56年松下政経塾にはいる。平成元年東京都議会議員。12年衆議院初当選(当選6回,民主党)。民主党副幹事長,国土交通副大臣などをつとめ,24年野田改造内閣の国家公安委員会委員長,内閣府特命担当相(消費者及び食品安全)・拉致問題担当相として初入閣。同年の第2次野田改造内閣でも留任。東京都出身。早大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松原仁の関連情報