コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松尾雄治 まつお ゆうじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松尾雄治 まつお-ゆうじ

1954- 昭和後期-平成時代のラグビー選手,指導者。
昭和29年1月20日生まれ。明大4年の昭和51年日本選手権で優勝し,卒業後,新日鉄釜石に入社。俊敏なスタンドオフとして54年からの7年連続日本一の主役となり,57年からは監督も兼任。60年引退,テレビキャスターとなる。日本ラグビー協会の普及育成委員。東京出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

タレントデータバンクの解説

松尾 雄治


芸名
松尾 雄治

性別
男性

生年月日
1954/01/20

星座
みずがめ座

干支
午年

血液型
O

出身地
東京都

身長
173cm

体重
78kg

靴のサイズ
26cm

職種
文化人

資格・免許
普通自動車

プロフィール
名実共に日本ラグビー史上最高のスタンドオフと呼ばれる。小学校時代からラグビーを始め、明治大学に進み4年生の時には司令塔として当時低迷していた明大ラグビー部を初の日本一に導く。卒業後、新日鉄に入社。79年から選手、主将、監督兼選手として社会人選手権、日本選手権7連覇達成という「不滅の大記録」の原動力となる。V7達成試合を最後に新日鉄釜石を退社。引退後、ラグビー界初のスポーツキャスターへ。98年に普及育成委員に就任。 現在は解説者、タレント活動、講演活動等を通じて自身を築いたラグビー界への恩返しとしてラグビーの普及、競技者の育成に務める。

代表作品
講演『やってみなきゃわからない』 / 講演『挑戦する心』 / 著書『人はなぜ強くならなければならないか』

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

松尾雄治の関連キーワード昭和

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松尾雄治の関連情報