コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松山空港 マツヤマクウコウ

デジタル大辞泉の解説

まつやま‐くうこう〔‐クウカウ〕【松山空港】

愛媛県松山市にある空港。国管理空港の一。昭和35年(1960)開港。昭和18年(1943)につくられた旧日本海軍航空基地を前身とする。→拠点空港

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

松山(ソンシャン)空港

台湾、台北市にある台北松山空港の通称。“松山”は日本語では「しょうざん」とも読む。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典内の松山空港の言及

【空港】より

…誘導路でも大型機の離着陸ができることなど,すべてにわたって有事即応の配慮がはらわれている。市内にある国内線用の松山空港と併用。管理は政府交通部。…

※「松山空港」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

松山空港の関連キーワードフォーリン・アクセスゾーン台湾桃園国際空港リージョナル航空愛媛県松山市松山(市)まっくう重信川

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松山空港の関連情報