拠点空港(読み)きょてんくうこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

拠点空港
きょてんくうこう

2008年の空港法により定められた,国際航空輸送網または国内航空輸送網の拠点となる空港。1956年の空港整備法で定められた第1種空港第2種空港第3種空港区分を廃止して新たに設けられた。拠点空港は設置・管理主体によりさらに三つに区分され,成田国際空港関西国際空港中部国際空港の 3港は会社が設置し管理する会社管理空港東京国際空港大阪国際空港など 20港は国が設置し管理する国管理空港旭川空港秋田空港など 5港は国が設置し地方公共団体が管理する特定地方管理空港となっている。(→地方管理空港

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

きょてん‐くうこう〔‐クウカウ〕【拠点空港】

国際または国内航空輸送網の拠点となる空港。空港法第4条などに定められる。管理者により会社管理空港国管理空港特定地方管理空港に分けられる。→地方管理空港
[補説]拠点空港の一覧
会社管理空港
成田国際空港中部国際空港関西国際空港大阪国際空港
国管理空港
東京国際空港新千歳空港稚内空港釧路空港函館空港仙台空港新潟空港広島空港高松空港松山空港高知空港福岡空港北九州空港長崎空港熊本空港大分空港宮崎空港鹿児島空港那覇空港
特定地方管理空港
旭川空港帯広空港秋田空港山形空港山口宇部空港

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例