コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松川伊助 まつかわ いすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松川伊助 まつかわ-いすけ

?-? 江戸時代前期-中期の養禽(ようきん)家。
江戸根岸の人。元禄(げんろく)(1688-1704)のころ東叡山寛永寺の法親王が京都の鶯(うぐいす)を根岸にはなったが,伊助はその清澄な鳴き声をきき,笛をつくって雛鶯を訓練した。後年,根岸で聞鶯会が毎春おこなわれるようになった。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android