後年(読み)こうねん

精選版 日本国語大辞典「後年」の解説

こう‐ねん【後年】

〘名〙 のちのとし。ゆくすえ。将来。〔延喜式(927)〕
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉一「然ば、則ち今日の異端妄説も亦必ず後年の通論談なる可し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「後年」の解説

こう‐ねん【後年】

ある時点から何年か経ったのち。また、ゆくすえ。将来。「後年は化学者として名をなした」
[類語]他年後日何時か将来今後未来近未来行く末末末前途向後自今来たる目先行く先行く手行く行く行方先行き先先生い先あとのちあとあとのちのちこの後これから向こう

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「後年」の解説

【後年】こうねん

明年明後年。〔晋書、杜預伝〕し當(まさ)に後年を(ま)つべくんば、天時人事は常の如くなるを得ず、臣、からんことをる。

字通「後」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

半夏生

半夏ともいう。七十二候の一つで,本来は夏至後 10日目から小暑の前日までをいったが,現行暦では太陽の黄経が 100°に達する日 (7月1日か2日) を半夏生とし,雑節の一つとして記載している。この頃半...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android