松平文庫(読み)まつだいらぶんこ

百科事典マイペディア「松平文庫」の解説

松平文庫【まつだいらぶんこ】

長崎県島原市の島原図書館が持つ,島原藩主松平家旧蔵書松平忠房が1669年に島原城主に封ぜられて以来,脈々と受け継がれた国文学・日本史学関係の写本を中心とする1万点にのぼる蔵書は,廃藩置県後松平家管理事務所に保管されていたが,1947年に市に寄贈された。その後九州在住の大学研究者によって整理され,《肥前島原松平文庫目録》を刊行,広く知られるに至った。《松平文庫影印叢書》全20巻が刊行中。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android