コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松平忠房 まつだいら ただふさ

2件 の用語解説(松平忠房の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

松平忠房

江戸中期の肥前島原藩主。父は主殿頭忠利。寛永9年家を継ぎ、三河刈屋城に移る。慶安二年丹波福知山に、寛文9年肥前島原城に入る。元禄13年(1700)歿、82才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松平忠房 まつだいら-ただふさ

1619-1700 江戸時代前期の大名。
元和(げんな)5年2月13日生まれ。松平忠利(ただとし)の長男。寛永9年14歳で三河(愛知県)吉田藩主となる。三河刈谷藩,丹波福知山藩をへて,寛文9年肥前島原藩(長崎県)藩主松平(深溝(ふこうず))家第1次初代。6万5900石。長崎警備役を課された。元禄(げんろく)13年10月1日死去。82歳。通称は五郎八

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典内の松平忠房の言及

【島原藩】より

…同年遠江浜松より高力(こうりき)忠房が4万石で入封,以降島原藩は譜代藩領となる。忠房はもっぱら島原の乱後の復興策にあたり,盛んに住民を招致して百姓経営数の確保につとめたが,68年(寛文8)子の高長のとき改易となり,代わって翌69年丹波福知山より松平忠房が入封した。石高は6万5900石。…

※「松平忠房」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

松平忠房の関連キーワード板倉重郷一道(1)伊奈忠勝大村純頼勝継久留島通清津軽信義北条氏宗保科正景屋代忠興

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone