コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松村元綱 まつむら げんこう

2件 の用語解説(松村元綱の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松村元綱 まつむら-げんこう

?-? 江戸時代中期-後期の蘭学者。
肥前長崎に生まれ,オランダ通詞として活躍。天明2年(1782)薩摩(さつま)鹿児島藩主島津重豪(しげひで)にまねかれ,本草類の調査,「成形実録」の編集にあたり,藩校造士館でおしえた。通称は安之丞。号は君紀,翠崖。著作に「新増万国地名考」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

松村元綱

生年:生没年不詳
江戸後期の阿蘭陀通詞,蘭学者。通称は安之丞,号は君紀,翠崖。長崎の生まれ。明和期の初め,高階暘谷古文辞学を学ぶ。西洋の天文,地理,物産学にくわしく,著訳活動は安永~天明年間(1772~89)が顕著で『新増万国地名考』『東西両半球図』『和蘭航海略記』『蛮産諸品訳稿』など。また通詞本木良永 の訳書『和蘭地図略説』『天地二球用法』『太陽距離暦解』等を校訂し,『象眼儀用法』を共訳した。天明2(1782)年薩摩藩主島津重豪に召され,殖産奨励のため博物物産書『成形実録』編纂事業に従事した。寛政4(1792)年ごろ藩校造士館の儒官,翌年『成形図説』と改称したころまで編纂事業に携わっていたという。<参考文献>芳即正『島津重豪』(人物叢書181)

(吉田厚子)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

松村元綱の関連キーワード上田仲敏橋本宗吉蘭学階梯堀達之助本木庄左衛門荒井庄十郎石井庄助中山作三郎西善三郎馬場為八郎

今日のキーワード

ポケモンGO

2016年7月6日に米国・オーストラリア・ニュージーランドで配信開始となったスマートフォン用AR(仮想現実)モバイルゲーム。開発・発売元はNiantic,Inc.(ナイアンティック)で、株式会社ポケモ...

続きを読む

コトバンク for iPhone