コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松浦総三 まつうら そうぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松浦総三 まつうら-そうぞう

1914-2011 昭和後期-平成時代のジャーナリスト。
大正3年11月25日生まれ。改造社の編集者などをへて,昭和30年からフリー。45年早乙女勝元らと「東京空襲を記録する会」を組織し,事務局長。「東京大空襲・戦災誌」を刊行し,50年菊池寛賞。GHQによる言論弾圧史の研究,天皇制批判など,反権力の立場で社会批評を展開した。平成23年7月6日死去。96歳。山梨県出身。中央大中退。本名は総蔵。著作に「占領下の言論弾圧」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松浦総三の関連キーワード日本評論(にっぽんひょうろん)キング(大衆娯楽雑誌)プレス・コード警職法反対闘争ジャーナリスト日本及日本人横浜事件言論統制編集者改造社原稿料解放我等改造

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

松浦総三の関連情報