コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

改造社 かいぞうしゃ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

改造社
かいぞうしゃ

山本実彦が 1919年1月創業した出版社。同年4月に創刊した総合月刊誌『改造』は,『中央公論』と並んで第2次世界大戦前の進歩的論壇を形成したが,太平洋戦争末期の言論弾圧で 44年6月に休刊。戦後 46年にいったん復刊したが,54年末からの争議で『改造』不執筆同盟がつくられたりしたあげく,55年2月号を最後に廃刊,改造社も解散した。なお改造社は,26年 12月『現代日本文学全集』で円本合戦の口火を切ったことでも有名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の改造社の言及

【円本】より

…当時東京市内を1円均一で走るタクシーを〈円タク〉といったが,これらの全集も定価1円のものが多かったところから,円本と俗称された。創始者は改造社社長山本実彦で,木村毅らに書目選定を依頼,《現代日本文学全集》として,1926年12月に第1回配本《尾崎紅葉集》を出版した。当初は全37巻別巻1冊の予定であったが,予約読者が23万人(のちに40万~50万人)にのぼったので,全62巻別巻1冊に拡大した。…

【改造】より

…大正デモクラシー運動の高揚期に改造社の山本実彦(さねひこ)によって1919年(大正8)4月創刊された総合雑誌。創刊当初は明確な編集方針をもたず発行部数3万部(定価35銭)のうち多くが返品されたが,4号から当時の社会改造思想を正面にすえた特集を組み,多くの読者をつかんだ。…

※「改造社」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

改造社の関連キーワード文壇人物評論古木 鉄太郎糸割符由緒書吉田 孤羊和木清三郎丸山 金治古木鉄太郎大森 直道横関 愛造木佐木 勝山本 実彦永石 三男寺岡 峰夫文芸・文藝大橋 松平山本 重彦木村 捨録水島 治男林芙美子山本重彦

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

改造社の関連情報