コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

松田ばく まつだ ばく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

松田ばく まつだ-ばく

?-? 江戸時代中期の浄瑠璃(じょうるり)作者,俳人。
大坂の人。句作のかたわら浄瑠璃をかく。明和8年(1771)の「桜御殿五十三駅(つぎ)」など,作品はすべて近松半二らとの合作本姓は岡本。別名に才二,和吉。俳号に蘭古,表隣。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

松田ばくの関連キーワード妹背山婦女庭訓るり大坂俳人

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android