句作(読み)くづくり

精選版 日本国語大辞典「句作」の解説

く‐づくり【句作】

〘名〙
① 一句の風体。句のおもむき。〔文明本節用集(室町中)〕
※古活字本毛詩抄(17C前)一「賦此興は詩の句つくりの法ぞ」

く‐さく【句作】

〘名〙 連歌俳句をつくること。くづくり。
※連歌諸躰秘伝抄(室町中)「早連歌の時はさのみ思ふままには句作はせられぬ也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android