枕を欹つ(読み)まくらをそばだつ

精選版 日本国語大辞典の解説

まくら【枕】 を 欹(そばだ)

枕を傾ける。枕の一方を高くして頭を傾ける。
文華秀麗集(818)上・江頭春暁〈嵯峨天皇〉「江頭亭子人事睽、欹枕唯聞古戍雞」
[語誌](1)白居易の香炉峯下新卜山居詩「遺愛寺鐘欹枕聴、香炉峯雪撥簾看」の詩句が平安時代に佳句としてもてはやされ、「千載佳句」「和漢朗詠集」などに採られて広まった表現。
(2)「欹枕」は、もともと、枕にもたれる、枕に横たわるの意であったが、「欹」には傾ける、斜めにするの意もあり、日本では、この「欹枕」を、枕を立てて傾けるの意に解し、「枕をそばだつ」と訓じたものと思われる。ただし、挙例の「文華秀麗集」などは、本来の「枕にもたれる」の意で用いられている可能性もある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android