コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林安泰古民家園 りんあんたいこみんかえん

世界の観光地名がわかる事典の解説

りんあんたいこみんかえん【林安泰古民家園】

台湾の首都台北(臺北、タイペイ)の市内にある、清朝時代の福建様式の古民家。市内四維路にあった台北最古の民家を移築して1987年につくられた。門柱や梁(はり)などに見事な彫刻が施されており、家の中には家具なども置かれ、当時の暮らしを知ることができる。中央の庭を囲むように、この最古の民家を含め4つの建物がある。ここは台北市民の間では結婚写真の撮影スポットとして有名で、正装したカップルを見かけることがよくある。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android