コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林泉高致集 りんせんこうちしゅうLin-quan-gao-zhi-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

林泉高致集
りんせんこうちしゅう
Lin-quan-gao-zhi-ji

中国,北宋の画家郭煕の山水画論を子の郭思が編集,増補した画論書。1巻。「三遠」「三大」に代表される空間表現法,構図法をはじめ注目すべき所論が多く,のちの絵画制作,画論に著しい影響を与えた。書中にしばしば郭思の注釈が加えられているが,「画格拾遺」は郭思が増補したものである。『重輯百川学海』庚集などに所収。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

林泉高致集の関連キーワード早春図

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android