コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林浦海 はやしの うらうみ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林浦海 はやしの-うらうみ

?-? 奈良時代の官吏。
延暦(えんりゃく)4年(785),皇后宮にあらわれた赤い雀の祥瑞(しょうずい)により,皇后宮官人に位階1級の昇進がおこなわれ,外従五位下,大属(だいさかん)となる。のち主計助(かずえのすけ),安芸介(あきのすけ)。皇太后高野新笠(たかのの-にいがさ)の葬儀,皇后藤原乙牟漏(おとむろ)の葬儀のさい養民司(ようみんし)(陵墓造営役夫への給付役)をつとめた。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

林浦海の関連キーワード多治比賀智

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android