コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

祥瑞 しょんずいXiang-rui

9件 の用語解説(祥瑞の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

祥瑞
しょんずい
Xiang-rui

中国,明代末頃に焼成された染付磁器の一様式。器底に「五良大甫」「呉祥瑞造」の縦書き2行の染付銘があるところからこの名が起った。鞘形,亀甲,丸紋つなぎ,立涌 (たてわく) などの幾何学文様を鮮麗な青藍色の釉 (うわぐすり) で表わし,碗,皿,鉢など茶具類が多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しょう‐ずい〔シヤウ‐〕【祥×瑞】

縁起のよい前兆。吉兆。

しょんずい【×瑞】

中国明末の崇禎(すうてい)年間(1628~1644)、日本の茶人の注文により景徳鎮窯で作られたといわれる染め付け磁器。精白の素地(きじ)に、鮮やかな青藍色で模様を施す。「五良大甫呉祥瑞造」の銘があるところからつけられた名称。明末から清初にかけて焼かれた。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

祥瑞【しょんずい】

中国の明末の崇禎年間を中心に江西省の景徳鎮で焼かれた染付。絵文様が緻密で上質のコバルトや素地を用いたやきもの。幾つかの作例に〈五良大甫呉祥瑞造〉の銘があることから,これと同様の作風をもつ作品にこの名称がつけられた。
→関連項目永楽保全

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しょうずい【祥瑞 xiáng ruì】

中国で,王者の徳によって太平の世が実現されたことを知らせる,めでたいしるし。日月がいちだんと輝きを増したり,鼎(かなえ)の出現や鳳凰,騏驎(きりん),連理の木などの珍しい動植物の出現により示されると考えられた。年号にも祥瑞の出現にちなむものが多い。《白虎通》封禅篇や《論衡》是応篇などにさまざまの祥瑞が列挙され,正史にも《宋書》符瑞志や《南斉書》祥瑞志など,祥瑞について記述する篇が設けられることがある。

しょんずい【祥瑞】

中国の明末・清初,崇禎年間(1628‐44)を中心に江西省景徳鎮の民窯で,日本の茶人たちの好みを反映して作られた精緻な絵付の青花磁器。一部の作品に〈五郎大甫 呉祥瑞造〉の染付銘があるところから祥瑞と呼ばれる。精選された磁土を用い,鮮烈なバイオレットブルーに発色する青料(呉須)で絵柄が器物のほとんど全体に描かれている。器種には香合,水指,茶碗のほか鉢皿類など懐石具もある。また染付祥瑞のほか,上絵を加えた色絵祥瑞もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

しょうずい【祥瑞】

めでたいことのあるしるし。吉兆。瑞祥。 「其夢を-だと思つて/渋江抽斎 鷗外」 → しょんずい

しょんずい【祥瑞】

中国、明末・清初に作られた染め付け磁器。素地は精白で、丸紋のつなぎ、あるいは散らしの中に、花鳥風月・人物・幾何学模様などを描いたものが多い。諸説あるが日本の茶人の注文により、中国の景徳鎮で焼かれたものと思われる。底に「五良大甫呉祥瑞造」の銘があり、古来染め付け磁器の最上とされる。祥瑞手。呉祥瑞。 〔銘は「呉」「祥瑞」ともに地名とする説、「五良大甫」「呉祥瑞」は人名とする説などがある〕

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

祥瑞
しょんずい

中国、景徳鎮窯(けいとくちんよう)で明(みん)代末期の崇禎(すうてい)年間(1628~1644)、日本からの注文によって焼造された異色な染付磁器。緻密(ちみつ)な白磁胎に鮮やかな青藍(せいらん)色の染付で文様を表した上質な焼物で、作品の底に「五良大甫呉祥瑞造(ごろうたいほごしょんずいぞう)」という染付銘があるところから、日本では一般に祥瑞と称している。遺品の多くは日本のわび茶の道具で占められ、水指、反鉢(そりばち)の大作から、茶碗(ちゃわん)、香合(こうごう)、茶器、茶巾(ちゃきん)筒などの茶具、徳利、酒呑(ぐいのみ)、台鉢、手鉢、輪花鉢、向付(むこうづけ)、皿などの懐石道具があるほか、まれに香炉、燭台(しょくだい)、書鎮などの文房具もある。
 いずれも造形からみて明らかに日本の茶人のための特製品であり、形は注文に応じながら、絵付の文様はほとんどすべて中国原図に従って、中国意匠を盛っているところに、奇をねらう茶人の着想があったようである。この文様の一部に緑・赤などの上絵彩を施したものは色絵祥瑞ともいう。また銘文の「五良大甫呉祥瑞」とは呉家の家の五男の長子という意味であり、呉姓を名のる景徳鎮陶工の作であると推測される。兵庫県芦屋(あしや)市の滴翠(てきすい)美術館には、明最末期の作とされる崇禎8年(1635)銘の染付茶巾筒が蔵されている。[矢部良明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

祥瑞の関連情報