コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

林秀貞 はやし ひでさだ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

林秀貞 はやし-ひでさだ

?-? 戦国-織豊時代の武将。
美濃(みの)(岐阜県)の人。織田信秀につかえ,その嫡男信長を補佐。弘治(こうじ)2年(1556)信長を廃してその弟信行をたてようと柴田勝家らとともに信長とたたかうが敗退。のち信長につかえ,桶狭間(おけはざま)の戦いなどに功をたてるが,天正(てんしょう)8年追放された。名は通勝として知られているが,秀貞が正しい。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

林秀貞の関連キーワード織田信行平手政秀那古野城織豊時代末森城林通勝美濃

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android