補佐(読み)ホサ

デジタル大辞泉 「補佐」の意味・読み・例文・類語

ほ‐さ【補佐/×輔佐】

[名](スル)人をたすけて、その務めを果たさせること。また、その役にある人。「課長を―する」「大統領―官」
[類語]助けるける手伝う手助け助力幇助ほうじょ助勢加勢助太刀すけだち力添え協力援助応援支援後押しり立てるバックアップフォロー力を貸す手を貸す肩を貸す補助犬馬の労一肌脱ぐ片肌脱ぐ肩を持つ与する

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「補佐」の意味・読み・例文・類語

ほ‐さ【補佐・輔佐】

  1. 〘 名詞 〙
  2. ( ━する ) たすけおぎなうこと。付き添って力を添えること。また、その役やその人。→ふさ(輔佐)
    1. [初出の実例]「夫輔佐非一。司存区分。官頒其用。務適其才」(出典:本朝文粋(1060頃)一二・詰眼文〈三善清行〉)
    2. 「利勇今偽王子を輔佐(ホサ)して南風原の城に籠るとも」(出典:読本椿説弓張月(1807‐11)続)
    3. [その他の文献]〔春秋左伝‐昭公一三年〕
  3. 江戸幕府で、将軍が幼少のときなどに臨時に設けて、将軍を助けて政治に当たった職。また、その人。徳望のある親藩大名がこれに任ぜられ、老中よりも上位。
    1. [初出の実例]「天明八年三月四日、登城之上於御坐之間、御直に御輔佐之儀蒙仰候」(出典:楽翁侯一代略譜(古事類苑・官位五三))

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android