コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

枢要徳 すうようとく cardinal virtues

翻訳|cardinal virtues

1件 の用語解説(枢要徳の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

枢要徳
すうようとく
cardinal virtues

首徳ともいう。ほかのあらゆる徳を基礎づける主要な倫理上の4つの徳,知恵,節制,正義,勇気を意味し,この思想はプラトンによって初めて体系化され,キリスト教世界にも深い影響を与えた。神を対象とする徳,信仰,希望,愛の三対神徳と対比され倫理徳といわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の枢要徳の言及

【キリスト教】より

… キリスト教的道徳の特徴はギリシア・ローマの古典古代文化における理想的人間像と,キリスト教的人間像との比較を通じてあきらかにされる。前者が四つの枢要徳virtutes cardinales,すなわち知恵(知慮),正義,勇気,節制によって構成されるのにたいして,後者はその上に信仰,希望,愛の三つを付け加え,そのことによってはじめて真実の徳が成立する,と主張する。なぜなら,キリストの福音によって人間には古代の賢者や哲学者が夢みることもしなかったほどの栄光が約束されたのであるが,この栄光に達するためには信仰,希望,愛による魂のきよめと強化が必要だからである。…

※「枢要徳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

枢要徳の関連キーワードカント心理学主義アンチ基礎づけ主義あらゆる有りと有らゆる恨みに報ゆるに徳を以てす基礎付ける神権《ドイツ文法の基礎づけ》《法社会学の基礎づけ》

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone