節制(読み)セッセイ

デジタル大辞泉の解説

せっ‐せい【節制】

[名](スル)
度を越さないよう控えめにすること。ほどよくすること。「喫煙を節制する」
規律正しく統制のとれていること。
「四民に募り―の兵を編せんとす」〈新聞雑誌二〉
欲望理性の力によって秩序のあるものとすること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

せっ‐せい【節制】

〘名〙
① 度を越さないように控えめにすること。ほどよくすること。
※古活字本毛詩抄(17C前)四「宮室車服の制を節制を教れば、民がわが身に足ぬと知ぞ」
※土(1910)〈長塚節〉「成るべくコップ酒も節制して懐を暖めようとした」 〔晉書‐高密文献王泰伝〕
② まとまりがあること。規律正しく統制のとれていること。統御。
※本朝文粋(1060頃)二・意見十二箇条〈三善清行〉「各慎此僭濫、令天下庶民知其節制
※陸海軍軍人に下し賜はりたる勅諭‐明治一五年(1882)一月四日「其隊伍も整ひ節制も正くとも、忠節を存せさる軍隊は」 〔荀子‐議兵〕
③ 指揮し管轄すること。また、その人。
※史記抄(1477)一六「そばの隣郡の守どもが郅郡を畏て我が上の節制を受る大府の如くにをぢひろめくぞ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報