コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柔侠伝

デジタル大辞泉プラスの解説

柔侠伝

バロン吉元による漫画作品。明治末期、柔道家を志す青年が事件に巻き込まれ刑務所に入るものの、出所後に柔道家として活躍。満州に渡り、正義の馬賊となる。『週刊漫画アクション』1970年6月11日号~1971年第5巻第15号に連載。双葉社アクションコミックス全3巻。シリーズは「昭和柔侠伝」「現代柔侠伝」「男柔侠伝」「日本柔侠伝」「新柔侠伝」と続く。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android