柳条亭満丸(読み)りゅうじょうてい まんまる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

柳条亭満丸 りゅうじょうてい-まんまる

?-? 江戸時代後期の狂歌師。
柳条亭小道(こみち)の門人。柳条亭2代をつぎ,柳門社を主宰。京都朱雀(すざく)千本通にすみ,文久年間(1861-64)に没した。姓は馬場。初号は杯満丸。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android