コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿の葉鮨 カキノハズシ

デジタル大辞泉の解説

かきのは‐ずし【柿の葉×鮨】

軽く握ったすし飯に塩さば薄切りをのせ、柿の葉で包んで押したもの。奈良県吉野地方などの郷土料理

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

かきのはずし【柿の葉鮨】


奈良・和歌山の郷土料理で押しずしの一種。塩や酢で締めたさばなどをそぎ切りにして一口大のすし飯の上にのせ、柿の葉で包み重しをする。一昼夜ほどおいて食べる。

出典 講談社日本の郷土料理がわかる辞典について 情報

世界大百科事典内の柿の葉鮨の言及

【カキ(柿)】より

…前者は熟した柿,あるいは干し柿の粉末をもち米粉にまぜて蒸したもの,後者は種を抜いた干し柿の中に水で練った糝粉(しんこ)を詰めて油で揚げたものであった。柿の葉鮨(ずし)はサバの脂の上に柿の葉を置いたもの,柿鮨は〈こけらずし〉と読み,飯の上にのせる魚貝の切身が柿葺(こけらぶき)のこけら板のように薄いための称である。【鈴木 晋一】
[薬用]
 果実の宿存萼を漢方で柿蒂(してい)という。…

※「柿の葉鮨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

柿の葉鮨の関連キーワード鯖鮨

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android