コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

柿の葉鮨 カキノハズシ

2件 の用語解説(柿の葉鮨の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

かきのは‐ずし【柿の葉×鮨】

軽く握ったすし飯に塩さばの薄切りをのせ、柿の葉で包んで押したもの。奈良県吉野地方などの郷土料理

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の郷土料理がわかる辞典の解説

かきのはずし【柿の葉鮨】


奈良・和歌山の郷土料理で押しずしの一種。塩や酢で締めたさばなどをそぎ切りにして一口大のすし飯の上にのせ、柿の葉で包み重しをする。一昼夜ほどおいて食べる。

出典|講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の柿の葉鮨の言及

【カキ(柿)】より

…前者は熟した柿,あるいは干し柿の粉末をもち米粉にまぜて蒸したもの,後者は種を抜いた干し柿の中に水で練った糝粉(しんこ)を詰めて油で揚げたものであった。柿の葉鮨(ずし)はサバの脂の上に柿の葉を置いたもの,柿鮨は〈こけらずし〉と読み,飯の上にのせる魚貝の切身が柿葺(こけらぶき)のこけら板のように薄いための称である。【鈴木 晋一】
[薬用]
 果実の宿存萼を漢方で柿蒂(してい)という。…

※「柿の葉鮨」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

柿の葉鮨の関連キーワード鯖鮨岩国鮨押し抜き鮨粥鮓鯖の姿鮨秋刀魚鮨大根鮓ぼうぜの姿鮨鱒鮨諸子の押し鮨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone