和歌山(読み)ワカヤマ

デジタル大辞泉の解説

わかやま【和歌山】

近畿地方南部の紀伊半島の南西部を占め、奈良・三重県境の間に飛び地をもつ。もとの紀伊国大部分にあたる。人口100.1万(2010)。
和歌山県北西部の市。県庁所在地。紀ノ川河口部にある。もと徳川氏の城下町。古くから吉野杉集散地で、製材・木工業や化学工業が盛ん。紀三井寺(きみいでら)和歌浦などがある。人口36.9万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

わかやま【和歌山】

[一] 和歌山県北西部の地名。県庁所在地。紀ノ川下流の和歌山平野に発達。紀州徳川家五五万五〇〇〇石の城下町として繁栄。吉野川から流下する材木の集散地で、製材・木工業が盛ん。臨海部に重化学工業地帯がある。和歌浦・紀三井寺・雑賀崎(さいかざき)など観光地が多い。明治二二年(一八八九)市制。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報