コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栄養芽層 えいようがそうtrophoblast

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

栄養芽層
えいようがそう
trophoblast

哺乳類の発生の初期,卵割期を終った頃,胚盤胞の壁として,単層の細胞から成る薄膜を生じるが,これが栄養芽層である。のちに部分的に肥厚し,母体子宮壁の組織内に入り込み,胚の栄養上重要な働きをする。この時期のものは栄養外胚葉とも呼ばれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養芽層の関連キーワード細胞融合哺乳類

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android