コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

栗皮亭関冬 りっぴてい せきふゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

栗皮亭関冬 りっぴてい-せきふゆ

?-? 江戸時代後期の狂歌師。
栗故園関窓(りっこえん-せきまど)の社中。文化(1804-18)のころの人。大坂堂島にすむ。通称は備前屋久蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

栗皮亭関冬の関連キーワード栗故園関窓狂歌師

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android