コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

株券失効制度 かぶけんしっこうせいど

会計用語キーワード辞典の解説

株券失効制度

株主が株券を喪失した場合に喪失株券を無効にして、新しい株券を再発行するための手続のことをいいます。なお、この制度は株券喪失登録制度ともいいます。

出典 (株)シクミカ:運営「会計用語キーワード辞典」会計用語キーワード辞典について 情報

株式公開用語辞典の解説

株券失効制度

株券失効制度とは、株主が株券を喪失した場合に、喪失株券を無効にして、この株主に新しい株券を再発行するための手続きのことをいう。商法改正により、平成15年4月から施行された。これまでは公示催告手続きに基づく除権判決を得た場合のみ、株券の再発行を請求できた。商法改正により、株券については、株券失効制度に変更された。具体的には、株主は、株券の喪失登録請求をおこない、抹消申請等がなければ、株券喪失登録日の翌日から1年を経過した日に喪失株券は無効となり、株券の再発行を請求できることとなった。なお、本制度は株券喪失登録制度とも言う。

出典 株式公開支援専門会社(株)イーコンサルタント株式公開用語辞典について 情報

株券失効制度の関連キーワード株式会社

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android